FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなでつくるバイオマスタウン

-地域に夢と活力を- みんなでつくるバイオマスタウン-地域に夢と活力を- みんなでつくるバイオマスタウン
(2008/04/19)
社団法人日本有機資源協会

商品詳細を見る


「でもさ、間伐材が余りすぎちゃってるらしいよ」

ある回転寿司屋での会話。その店にはもちろん割箸が置いてあるのだけど、マイ箸持参で会計時に10円引いてくれる。世間では割箸をやめようっていう声が大きくなってきているけど、割箸は間伐材対策(?)として有効であったのではないか、という意見。

「ただ消費されるためだけの物(=割箸)のために間伐材が使われるんだったら、それって意味ないと思うんだけど」

「まぁね・・・」

「木材チップとかにして、燃料にするとかできるんじゃないの?」

「あーまぁね、そうね・・・」



私は自称「エコ教」徒である。地球を救えるのであれば、その可能性が高まるのであれば、洗濯も石けんでやっちゃおうってな人。ただし、自分にできる範囲でやるので完璧なエコ教徒とは呼べないが・・・。

最近「バイオマス」ということばをよく聞く。テレビで映し出されるのはだいたいアメリカの広大な農地だが、日本でもバイオマス事業に取り組む市町村が増えてきた。先日参加した市の会合でもバイオマスが採り上げられて、私のなかの関心事となっている。そこで本書を読んでみることにした。

「私たちの生活を支えている石油は、太古の生物の死骸が地下に埋もれて分解し、それが高い圧力と温度の下で石油化したものとする学説が有力と考えられています。(本書141ページより)」

もう時間がないんです。化石燃料は有限なんだから使えば無くなる。そこでバイオマスが登場するわけだが、いくらバイオマスが有効だからといって、そればっかりになっては食糧供給のバランスが崩れてしまう。現に、アメリカではこれまでの食糧農作物を作るのをやめて、資源作物に切り替える農家もあると言う。意味ない。それじゃぁ「割箸のための間伐材」と変わらないんじゃないか? 

「バイオエタノールの代表的な例として、米国ではトウモロコシから、ブラジルではサトウキビから、それぞれ年間2千万キロリットル規模で生産されています。(本書132ページより)」

資源作物だらけになってしまったら、もはや社会は循環することができなくなる。本書はバイオマス初心者にとって役立つものだと思うが、こういった他国での現状や課題、問題点には触れていない。そこが残念。

日本の場合、農地の1割近くが耕作放棄地だという。間伐材などの有効利用を進める必要がある。バイオマスタウンを作るために、市町村民に正しく理解してもらう。うまくいかないからといって、資源作物を輸入するなんてことがないようにしなくては。マイ箸の次は、資源というものについて勉強する姿勢が大切だと思う。

(まずは、本書表紙の絵を見て「循環型社会」を想像(創造)してみてください^^)

↓参加中↓
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

醸された!w

もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (1) (イブニングKC (106))もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (1) (イブニングKC (106))
(2005/05/23)
石川 雅之

商品詳細を見る

家族が知人から借りてきたのが『もやしもん』との最初の出会いでした。「菌のはなし」と聞いて、うっ理系は苦手だよ^^;と思ったのですが、風邪をひいて寝込んだときの暇つぶしに読んでみたら大ヒット!!! 一気に7巻まで読破して、幸い熱も下がりました(笑)

「もやしもんとは肉眼で菌が見える男、沢木惣右衛門直保とその仲間たちが、農業大学を舞台にやらかす群像劇」 -- by A・オリゼー

農大のにくめない面々と、ゆるい菌たちが醸し出すコミックです。これを読むと農大に行ってみたくなります。納豆を食べるとき、納豆パックの中にB・ナットーがいるような気がしてきます。L・エドデスがいるから、しいたけが愛おしく思えてきます(笑) 文系の私がハマりました。みなさんもどうぞ読んでみてください。

追記
先日、国立科学博物館での【菌類のふしぎ~きのことカビと仲間たち~】に行ってきました! 菌曜日(金曜日)には、先着でクリアファイルがもらえるというので、この私にしては珍しく早起きして並びました。展示会は「もやしもん」効果で大盛況!!!!! 会場内では、ちゃんとした(?)展示物以外の場所に菌たちの落書きがたくさんあって、それがどこに隠れているのか探すのも楽しかったです。


私について

チェリ

Author:チェリ
最後まで読まない(読めなかった)本も多いですが、基本的に本があれば幸せです。いつか図書館に住んでみたい。地震が起きたら本の重圧で動けないでしょう・・・そんな部屋に住んでいます。積読ばんざい! 本屋に行くと嬉しくて腹痛になりやすい人です^^;

最新記事です。
コメントをありがとう♪
テーマ
QRコード
QRコード
月別アーカイヴ
BGM
リンク
本家ブログや、本に関するツールです。すべて私がユーザー(管理人)のものばかりです。
その他

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
おいでませ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。