FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本を読むボランティア

既存の本を点字化するには時間と手間がとてもかかり、できあがった点字の本はかなり分厚くなるそうです。最近「読み聞かせ」ということばをよく耳にしますが、多くの場合は「子どもに本を読んであげる」ことですね。

視覚障がい者に対する読み聞かせについても、もっと話題になればいいのに、と思います。パソコンの画面を読み上げるソフトは開発されていますが、きっと対面朗読とはまた違った感じなのではないでしょうか。

見えない・見えにくい人も「読める」図書館見えない・見えにくい人も「読める」図書館
(2009/11/05)
公共図書館で働く視覚障害職員の会

商品詳細を見る


(この本はまだ読んでいません。)
スポンサーサイト

一番リアルなテキスト

第8巻から第11巻までをネット書店で購入し、昨日一気に全部読みました。1巻ごとに泣いてしまって(笑) いや、決してお涙頂戴なストーリーではないんですよ。漫画ではありますが、描かれているのは現実です。登場人物が、私がこれまで係わってきたジーチャンバーチャンの姿と重なってきたり、やるせない介護職の思いが伝わってきたとき、どうしても涙が出てくるんです(ToT)



第8巻では、老親介護にうろたえるある家族と、その家に出入りすることになったフィリピン人ヘルパーを通して、いまの日本の家庭介護事情が描かれています。あんなに元気だった母親が認知症になり戸惑う家族たち、EPA(経済連携協定)による外国人看護師・介護士の受け入れの現状、「外国人だから・・・」という偏見。

■介護福祉士は看護大卒か四年生大卒で介護士研修を修了していること
■入国後、6ヶ月間の日本語研修ののち、病院や介護施設での実地研修を受ける
■介護福祉士は4年以内に日本の国家試験に合格すること
(合格すれば無期限就労が認められるが、不合格なら帰国することができる)

↑これ、誰に対して設けた条件だと思いますか?
わが国が受け入れようとしている外国人介護士に対してですよ。こんなにハードルを高くしたら誰も来てくれないんじゃないの?って普通は思いますよね? そうなんですよ、結局は国の都合というか、友好のあかしくらいの意味しかないんです(と私は思います)。

私は、外国人介護士さんたちの力になりたくて、日本語を教える勉強をしましたが、民間施設に一人も降りてこないのではどうしようもないです。だいたい6か月の日本語研修で現場に立たせて、漢字だらけの介護記録を書いたり読んだりできるでしょうか。そして働きながら、国家試験の勉強をして4年以内に合格しろと? いやー、かなりキビシイでしょう? だってフルタイム勤務+日本語の勉強+国家試験勉強、ですよ。私だったら気が遠くなります。条件にある「不合格なら帰国することができる」って、「できる」って何ですかね(怒) もう腹立ってきて泣けてきます。

これだけ介護の仕事をする人材が不足している不足している!と騒ぎながら、国は何も分かっちゃいないんでしょうね(-_-;;;;;


「なりたい」人と「なった」人との壁

ホームヘルパーにしても福祉専門学校にしても、そこで学んだ人たちがそのまま仕事に就くとは限りません。修了・卒業して介護の仕事に就くのは1割くらいとも言われています。介護職は重労働なうえ安月給ですから、「やってみたい」とは思っても一歩が踏み出せない、その心境はよーくわかります。私もそうでしたから。



この2巻では、タケオという福祉専門学校の学生の目をとおして、「なりたい」人と「なった」人のあいだにある壁が描かれています。タケオはいわゆる今時の若者ですが、彼の心境が変わっていくにつれて、私たちも彼と一緒に悩みながら読み進めていくことになります。介護とは誰かを「幸せにしてあげる」ことではない。「何なんだよ? 介護って!?」


「この俺が?!」

ある意味、この第11巻が一番怖いかもしれません。「明日は我が身」、「この俺が?」、「私は大丈夫」。認知症については最近知名度が上がってきているように思いますが、それが自分の問題になるかどうかっていうところまでは考えにくいですよね。私も「なりたくない」と思っているというか、そう願う一人です^^;



いろんな認知症関連の本が出版されていますが、この本は認知症になった本人とその家族、それから症状が進行すると、本人はどんなふうに感じているのか、どんな行動をとってしまうのかがよくわかる一冊だと思いました。

【認知症検診】
所定の問診を受診し、医師より不安や問題があると判断されれば、MRIなどの脳の検査を受ける事ができます。近年、若年性認知症と診断される40代、50代の方が増えたため、国の助成で神経精神科が若年性認知症の統計を取りはじめました。若年性認知症の原因の一つには食習慣などの日頃の生活習慣も考えられます。(-- 裏表紙にある記述より引用)



裏表紙に読者の声が載せられていますが、そのなかに「祖父が認知症です(中略)時々人間らしさがなくなってしまうので悲しくなります」という声がありました。いえいえ、誰でも最期まで「人間らしさ」ってのは残るもんだと思いますよ。おじいちゃんが、元気だったころとは違うだけで、今でも「おじいちゃん」であることには変わりない。だから、介護する家族の人たちにも、これまで通りおじいちゃんに接してもらいたいと思いました。


私について

チェリ

Author:チェリ
最後まで読まない(読めなかった)本も多いですが、基本的に本があれば幸せです。いつか図書館に住んでみたい。地震が起きたら本の重圧で動けないでしょう・・・そんな部屋に住んでいます。積読ばんざい! 本屋に行くと嬉しくて腹痛になりやすい人です^^;

最新記事です。
コメントをありがとう♪
テーマ
QRコード
QRコード
月別アーカイヴ
BGM
リンク
本家ブログや、本に関するツールです。すべて私がユーザー(管理人)のものばかりです。
その他

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
おいでませ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。