スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自分」を出してみる

今日からできる 上手な話し方今日からできる 上手な話し方
(2008/12/25)
臼井 由妃

商品詳細を見る

初対面でも人前でももう怖くない
説明・スピーチ・交渉・・・・・・
実践済みのコツとテクニック54
「私もあがり症で話しベタでした」


まずマニュアル本ではないところが良い。ビジネスもののような堅苦しさもない。上から目線で書かれていない。その道の専門家でもなく、「元アナウンサー」みたいな人が書いたものじゃないところもいい。

かつて吃音症を抱えて人と接することを避けていた著者の臼井さんは、「話し上手ではなく伝え上手になろう!と決意したそうです。思いを伝えることの楽しさや、話すことの喜びを見出して、それまで気付かなかった周りの人々の愛情や思いやりを感じることが出来た・・・それが本書の源になっています。なにかを話すとき、また相手の話を聞くときに大切なのは「心」だとおっしゃっています。

この本を読みすすめながら、これまでの私はどうだっただろう?と振り返りました。あのときは良くなかったな、あの人の話し方は印象的だったな。この思い出し作業はどんなマニュアル本よりも役立つと確信しています。自分をよく知らず、また相手を知ろうとせず、マニュアルで身を固めただけの話し手にどれだけの魅力があるでしょうね。


スポンサーサイト

ゆらしぃ島のスローライフ

ゆらしぃ島のスローライフゆらしぃ島のスローライフ
(2004/02)
金丸 弘美

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
遙か南の島へ東京から引っ越した著者一家が島で知った「本当の贅沢」とは―。食環境ジャーナリストの著者が鋭い観察眼で島の魅力を綴るノンフィクションエッセイ。


私は南の島に行くことにした。情報収集のため図書館へ。地理・旅行ジャンルの本棚には魅力的なものが無い。諦めて一般書コーナーへ移る。片岡義男さんの本、新しいの入ってないかな。そう思いながら「か」行の棚に向かう・・・収穫なし。

『ゆらしぃ島のスローライフ』。黄色い背表紙が目にとまった。「ゆらしぃ」って響きが南国っぽいよ? 期待しつつその本を手に取る。金丸弘美さん。知らなかった「か」行の作家さん。これが私と金丸さん、つまりこの本との出会いだった。

書店に行けば旅ガイドはたくさん置いてある。でもどれも似たり寄ったりで買う気がしない。「人気スポット」、「お土産ショップを写真つきで紹介」、求めているものと違う。ふと考えるんですよ、旅に出る前に。たとえば「どうして私は沖縄に行ってみたくなったんだろう?」と。今回は、のんびりした空気に浸ってみたいのと、最近何か忘れているものが沖縄で見つかるんじゃないかという期待があった。

金丸さんのこの本は鹿児島県徳之島が舞台だったが、場所は違えど、そんな私を導くエッセイが満載されていた。忘れかけていた何か、本当は「こうありたい」と思う自分・・・行ってみてごらん、何かが見つかるよ。紙面からそういうメッセージが聞こえてきて、出発前夜だというのに少し夜更かしして読みとおしてしまった私。 おかげで飛行機の中では爆睡状態! でも出発前に読んで良かったな。

本書は、隣人や親子の関係、自然との共生、ライフスタイルなど私たちの生き方にじんわり響いてくる本だと思う。旅立つ人も、そうでない人も、毎日働く親御さんたちにも読んでほしい一冊だ。




あ、この本にはゆらしぃ島の美味しいレシピがついてます。^^


シンディと言えば・・・

シンディと言えば、私にとってはシンディ・ローパーかシンディ・ブラックマンです!!^^

シンディ・ローパーは、あんなに有名になっても、下町のアパートメントに住んでいると聞いたことがあります。そんなライフスタイルや、いまも現役で私たちを楽しませてくれるあのパワーに憧れます。

シンディ・ブラックマンは女性ドラマーで、最近ではレニィ・クラヴィッツのサポートドラマーとして活躍しています。↓この方。



さっき某SNSで「コミュニティあるかしら?」と探してみたけど無かった!! なんで?(T_T)
ローパーさん、クロフォードさんはありましたけど・・・。

気を取り直して、今月のリズム&ドラムマガジンですが、女性ドラマーの特集を組んでいます。スティックの握り方から練習メニューなどを知ることができて、同性の私としては嬉しい&ありがたい特集でした。

一番リアルなテキスト

第8巻から第11巻までをネット書店で購入し、昨日一気に全部読みました。1巻ごとに泣いてしまって(笑) いや、決してお涙頂戴なストーリーではないんですよ。漫画ではありますが、描かれているのは現実です。登場人物が、私がこれまで係わってきたジーチャンバーチャンの姿と重なってきたり、やるせない介護職の思いが伝わってきたとき、どうしても涙が出てくるんです(ToT)



第8巻では、老親介護にうろたえるある家族と、その家に出入りすることになったフィリピン人ヘルパーを通して、いまの日本の家庭介護事情が描かれています。あんなに元気だった母親が認知症になり戸惑う家族たち、EPA(経済連携協定)による外国人看護師・介護士の受け入れの現状、「外国人だから・・・」という偏見。

■介護福祉士は看護大卒か四年生大卒で介護士研修を修了していること
■入国後、6ヶ月間の日本語研修ののち、病院や介護施設での実地研修を受ける
■介護福祉士は4年以内に日本の国家試験に合格すること
(合格すれば無期限就労が認められるが、不合格なら帰国することができる)

↑これ、誰に対して設けた条件だと思いますか?
わが国が受け入れようとしている外国人介護士に対してですよ。こんなにハードルを高くしたら誰も来てくれないんじゃないの?って普通は思いますよね? そうなんですよ、結局は国の都合というか、友好のあかしくらいの意味しかないんです(と私は思います)。

私は、外国人介護士さんたちの力になりたくて、日本語を教える勉強をしましたが、民間施設に一人も降りてこないのではどうしようもないです。だいたい6か月の日本語研修で現場に立たせて、漢字だらけの介護記録を書いたり読んだりできるでしょうか。そして働きながら、国家試験の勉強をして4年以内に合格しろと? いやー、かなりキビシイでしょう? だってフルタイム勤務+日本語の勉強+国家試験勉強、ですよ。私だったら気が遠くなります。条件にある「不合格なら帰国することができる」って、「できる」って何ですかね(怒) もう腹立ってきて泣けてきます。

これだけ介護の仕事をする人材が不足している不足している!と騒ぎながら、国は何も分かっちゃいないんでしょうね(-_-;;;;;


「なりたい」人と「なった」人との壁

ホームヘルパーにしても福祉専門学校にしても、そこで学んだ人たちがそのまま仕事に就くとは限りません。修了・卒業して介護の仕事に就くのは1割くらいとも言われています。介護職は重労働なうえ安月給ですから、「やってみたい」とは思っても一歩が踏み出せない、その心境はよーくわかります。私もそうでしたから。



この2巻では、タケオという福祉専門学校の学生の目をとおして、「なりたい」人と「なった」人のあいだにある壁が描かれています。タケオはいわゆる今時の若者ですが、彼の心境が変わっていくにつれて、私たちも彼と一緒に悩みながら読み進めていくことになります。介護とは誰かを「幸せにしてあげる」ことではない。「何なんだよ? 介護って!?」


「この俺が?!」

ある意味、この第11巻が一番怖いかもしれません。「明日は我が身」、「この俺が?」、「私は大丈夫」。認知症については最近知名度が上がってきているように思いますが、それが自分の問題になるかどうかっていうところまでは考えにくいですよね。私も「なりたくない」と思っているというか、そう願う一人です^^;



いろんな認知症関連の本が出版されていますが、この本は認知症になった本人とその家族、それから症状が進行すると、本人はどんなふうに感じているのか、どんな行動をとってしまうのかがよくわかる一冊だと思いました。

【認知症検診】
所定の問診を受診し、医師より不安や問題があると判断されれば、MRIなどの脳の検査を受ける事ができます。近年、若年性認知症と診断される40代、50代の方が増えたため、国の助成で神経精神科が若年性認知症の統計を取りはじめました。若年性認知症の原因の一つには食習慣などの日頃の生活習慣も考えられます。(-- 裏表紙にある記述より引用)



裏表紙に読者の声が載せられていますが、そのなかに「祖父が認知症です(中略)時々人間らしさがなくなってしまうので悲しくなります」という声がありました。いえいえ、誰でも最期まで「人間らしさ」ってのは残るもんだと思いますよ。おじいちゃんが、元気だったころとは違うだけで、今でも「おじいちゃん」であることには変わりない。だから、介護する家族の人たちにも、これまで通りおじいちゃんに接してもらいたいと思いました。


醸された!w

もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (1) (イブニングKC (106))もやしもん―TALES OF AGRICULTURE (1) (イブニングKC (106))
(2005/05/23)
石川 雅之

商品詳細を見る

家族が知人から借りてきたのが『もやしもん』との最初の出会いでした。「菌のはなし」と聞いて、うっ理系は苦手だよ^^;と思ったのですが、風邪をひいて寝込んだときの暇つぶしに読んでみたら大ヒット!!! 一気に7巻まで読破して、幸い熱も下がりました(笑)

「もやしもんとは肉眼で菌が見える男、沢木惣右衛門直保とその仲間たちが、農業大学を舞台にやらかす群像劇」 -- by A・オリゼー

農大のにくめない面々と、ゆるい菌たちが醸し出すコミックです。これを読むと農大に行ってみたくなります。納豆を食べるとき、納豆パックの中にB・ナットーがいるような気がしてきます。L・エドデスがいるから、しいたけが愛おしく思えてきます(笑) 文系の私がハマりました。みなさんもどうぞ読んでみてください。

追記
先日、国立科学博物館での【菌類のふしぎ~きのことカビと仲間たち~】に行ってきました! 菌曜日(金曜日)には、先着でクリアファイルがもらえるというので、この私にしては珍しく早起きして並びました。展示会は「もやしもん」効果で大盛況!!!!! 会場内では、ちゃんとした(?)展示物以外の場所に菌たちの落書きがたくさんあって、それがどこに隠れているのか探すのも楽しかったです。


今日買いました。

職場の新年会の帰り道、電車を降りて駅前の本屋へ。
なんだかまっすぐ帰るのがもったいなくて(笑)


まちがいさがしメイト 2009年 02月号 [雑誌]まちがいさがしメイト 2009年 02月号 [雑誌]
(2009/01/14)
不明

商品詳細を見る
大好きなフィルオミノ全4巻を制覇したので、今度はまちがいさがしに挑戦します。


推理ロジック (パズル・ポシェット)推理ロジック (パズル・ポシェット)
(1995/07)
横内 孝司

商品詳細を見る
これはポケットサイズだから、持ち運ぶつもり。電車やバスの待ち時間にでもやってみようかと。


去年ルノアールで 完全版 (マガジンハウス文庫 せ 1-1)去年ルノアールで 完全版 (マガジンハウス文庫 せ 1-1)
(2008/12/05)
せきしろ

商品詳細を見る
単行本が出たときに、手にとって買おうかどうしようか迷ったあげく、棚に戻した本です。今日たまたま店頭で文庫本化されたことを知り、やっと買いました(笑)


やさぐれぱんだの手帳 (小学館文庫 さ 5-4)やさぐれぱんだの手帳 (小学館文庫 さ 5-4)
(2008/12/05)
山賊

商品詳細を見る
文庫本スタイルの手帳です。今年は、予定を書くスペースがあるだけの手帳を使っているので読書メモ用に買いました。 これ、「手帳」と言いつつちょっと変! 内容(目次)↓

ぱんだ規律 / やさぐれぱんだのドリル / 今日のあみだくじ / Monthly Schedule / Weekly Schedule / まじめに会議やってるフリするメモ / 人に知られたくないヒミツのメモ / Love妄想メモ / 今度会ったらお茶に誘うぞリスト / 旅に出たぞリスト  などなど。

ふろく? 「体に刷れる!やさぐれタトゥシールつき」

なんか、やたら書き込みたくなりそうです♪


次に読む本

タイタニア 1 疾風篇 (1) (講談社文庫 た 56-38)タイタニア 1 疾風篇 (1) (講談社文庫 た 56-38)
(2008/09/12)
田中 芳樹

商品詳細を見る


実は「銀河英雄伝説」のファンなんです。銀英伝以外の作品も読んでみたいと思いつつ、「タイタニア」まで何年もかかりました(汗)


「いまを生きるちから」 五木寛之

わたしたち日本人のこころや共生というものについて。ネガティブなこころがネガティブに受け止められがちだけど、それは決して悪いことじゃぁない。泣きなさい、笑いなさい。山川草木悉有仏性。



いまを生きるちから (角川文庫)いまを生きるちから (角川文庫)
(2008/12/25)
五木 寛之

商品詳細を見る



「なにも願わない手を合わせる」 藤原新也

介護の仕事に就いていると、ご利用者の死に直面することがある。その人は私の家族ではなかったけれども、毎日のように顔を合わせ、私のことを孫のように気にかけてくれた。あの人はもう居ない・・・こころにぽっかり穴があく。

生きた他者を受け入れ、それと和解することも易しいことではないが、ひとの死を受け入れ、納得し、和解する作業は、自分自身の心とどのように向かい合うかという難しい作業になる。
(本書250ページ、あとがきより抜粋)


「だから人は旅に出る」と著者は言う。同感。

少し話がそれるが、先日読んだ五木寛之氏の「いまを生きるちから」と繋がってくる部分が多く、読むべき本が向こうからやってきたのだと思わざるをえなかった。

タイトルの『なにも願わない手を合わせる』。実際に試したことがあるが、けっこう難しい(苦笑)



なにも願わない手を合わせる (文春文庫)なにも願わない手を合わせる (文春文庫)
(2006/10)
藤原 新也

商品詳細を見る



私について

チェリ

Author:チェリ
最後まで読まない(読めなかった)本も多いですが、基本的に本があれば幸せです。いつか図書館に住んでみたい。地震が起きたら本の重圧で動けないでしょう・・・そんな部屋に住んでいます。積読ばんざい! 本屋に行くと嬉しくて腹痛になりやすい人です^^;

最新記事です。
コメントをありがとう♪
テーマ
QRコード
QRコード
月別アーカイヴ
BGM
リンク
本家ブログや、本に関するツールです。すべて私がユーザー(管理人)のものばかりです。
その他

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
おいでませ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。