スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火車

火車 (新潮文庫)火車 (新潮文庫)
(1998/01)
宮部 みゆき

商品詳細を見る


大学時代の私には稼ぎがないからクレジットカードは作れなかった。でも知人友人のなかに所持者が一人は居たんじゃないかな。自己破産した大学生ってのも当時けっこう居たんだろうな。

初めてアメリカに行った1996年、2000円程度でもクレジットカードを普通に使う社会に驚いた。その頃の日本は、まだそんなにクレジットに馴染んでなかったように思う。手持ちの現金がほとんど無くても、カードが1枚あれば物を買えてしまう仕組み。まるで自分が金持ちになったような錯覚を与えかねない、魔法のようなカード。これさえあれば幸せだって買えそうな気がするのは分からないでもない。

本書では、クレジットカードの魔法から抜け出せずサラ金地獄をみる人たちが描写されている。世間の闇でひっそり生きるしかない彼女たちが選んだ道は? 他人として生きることもできない哀しさ。つかもうとした幸せ。悪いのは彼女たちなのか。社会はどうなのか。ストーリーの展開とともに、自分の生き方や選択についても考えさせられたのだった。

ところで私にとっての宮部みゆきはこの本が初めて。宮部作品好き!という知り合いが多いのだけど、わかる。面白いもの。

『火車』を読み終え、ブックカバーをはずして表紙の絵と対面。校庭を見つめるあの彼女の姿がジュッと、心に焼きついたのだった。


スポンサーサイト

ファミリーポートレイト

ファミリーポートレイトファミリーポートレイト
(2008/11/21)
桜庭 一樹

商品詳細を見る


初めて読んだ、桜庭一樹さんの本。

第一部では5歳のコマコが13歳になるまでのストーリーが展開される。多くのレビュアーと同様、少し読むのがつらいと言うか長いなぁと思われた。ここでは、わが子をかわいがっているのに抓ってしまう母・マコと、そんな母親から離れまいとするコマコの人生旅が描かれている。グロテスクでさえある状況を淡々とコマコが語っていて、幼いながらも自分を客観視して生きる姿が切なかった。まだこんなに小さいのに、人格が解離していくんじゃないかと気をもみながら読み進めた。

第二部。14歳になったコマコは母マコから剥がれていく。コマコを取り巻く人間関係や環境も変化するが、それぞれの場面が「ファミリーポートレイト」を意識させる。コマコは母と撮ったファミリーポートレイトを胸に抱き、本や活字と生きていく。母のために自分の存在を消そうとしていたコマコは、ここにはもう居ない。作品の中で、自分を鏡にうつす場面が何度か出てくるが、コマコが自分の存在を確認するために見ていたのだろう。

エンディングは第一部の静かな重さと比べるとかなり軽い印象だけど、あの終わり方じゃないと私たちは読み終えることができないんじゃないかと思った。



聖域

聖域聖域
(1994/04)
篠田 節子

商品詳細を見る


「聖域」は入れ子になっている小説で、それ単体でもかなり面白い。しかしそれは何人もの編集者を振り回した小説であり、ある女性作家そのものでもあった。私は実籐に感情移入して「最後まで書かせたい」と思う一方、これ以上作品にのめり込む彼を引き留めたい気持ちになる。自分はただの読者であって外に居るはずなのに、気づいたらどっぷり聖域に足を踏み入れている。疲れる。でも読むのを止められない。

自分はこの世に生きていて、あの人は別の世界に行ってしまった。ではあの人の存在や魂といったものはどうなってしまったのか。死という日常的でありながら、自分が見ている世界と切り離している事実。ぐるぐると迷いながら最後まで読んだ。

*****

篠田節子さんの作品を読んだのは初めて。とてもずっしりと荘厳な文章を書く方ですね。前半は「宗教観」の3字がずっと頭にありましたが、終盤はもう何がなんだか。いろんな垣根が崩れていきました。すっきりしない気分も残りますが、会えて良かったと思える作品でした。
ありがとう!

無題

自由に至る旅―オートバイの魅力・野宿の愉しみ (集英社新書)自由に至る旅―オートバイの魅力・野宿の愉しみ (集英社新書)
(2001/06)
花村 萬月

商品詳細を見る


まずタイトルに惹かれた。そして私はこの本に自由という哲学的な何かを期待して読み始めた。「自由な旅にでることの本質を論じていく」とあったが、印象としてはエピソードのほうが多かったような気がする。なので途中からは流して読んでいった(ごめんなさい)。

同じ経験をしたライダーは所々で共感し、これからオートバイで初めて旅にでようとする人にとってはアドレナリン本となるだろう。ただし花村さんは規格外ライダーであるので、どこまで参考にしていいのか分からなくなりそう。

たとえばこんな考え方に似ているかもしれない。「レコードを知らない人にレコードの良さを説明しても分かってもらえない。レコードを実際に手に取り、その音を聴いてみない限りは」 旅もとにかくやってみろよと。少々荒行じみてはいるけど、野宿や悪天候でのツーリングを通してきっと君は五感で旅をできるよと。そこから自由な旅が始まるのだ。花村さんはそう言っているのだと思う。

時計館の殺人

時計館の殺人 (講談社文庫)時計館の殺人 (講談社文庫)
(1995/06/07)
綾辻 行人

商品詳細を見る


何かミステリものを読みたくなった。綾辻さんのことを思い出し、たくさんある作品の中でこの『時計館の殺人』を選んだ。タイトルが一番気味悪かったから。

時計。昼間は何とも思わないのに深夜になるとその存在は少し変わる。定時のボーンという音におののき、秒針の音がとても大きく聞こえる。ふと目覚めたときデジタル時計がゾロ目だったら鳥肌がたつ。

時計館の殺人 - 針のない時計塔、百八個の時計コレクションで埋もれた館。「あの日」から10年・・・真実は血なまぐさい殺人を伴って明かされる。

私は読者でありながら、不幸にも時計館にいる一人のような気分にもなった。あぁなんで荷物を新館に置いてしまったんだろう。一方で江南君と謎を解こうとしたり、まんまと綾辻ワールドにはまってウロウロしていた。結局私の謎解きは真実から遠いものであったけれども。

読み終えてしばらく放心状態だった。高校生のころ作家Aの推理小説を読んでいたけど、これほど多層に"しかけ"のある作品は読んだことがない。おまけに夢からさめたような感覚。平面的な現実ではない何処か、幻想的な世界がこの作品に広がっていた。

推理小説は一度読んだら終わり?と思っていたが、これは読み返してみるのも面白そう。『十角館』や『霧越邸』も読んでみたい。

2月に読んだ本のまとめ

2010年2月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:897ページ

■帰って来た猫ストーカー
読了日:02月23日 著者:浅生 ハルミン
http://book.akahoshitakuya.com/b/4862483526

■図書館内乱
読了日:02月15日 著者:有川 浩
http://book.akahoshitakuya.com/b/4840235627

■華氏451度 (ハヤカワ文庫SF)
読了日:02月04日 著者:レイ ブラッドベリ
http://book.akahoshitakuya.com/b/4150116911



思ったより読んでないな。
あぁそういえば途中で読むのをやめたのが何冊かあった・・・。
『華氏451度』が面白かったので、これからSFを開拓していきたい。





▼読書メーター
http://book.akahoshitakuya.com/

私について

チェリ

Author:チェリ
最後まで読まない(読めなかった)本も多いですが、基本的に本があれば幸せです。いつか図書館に住んでみたい。地震が起きたら本の重圧で動けないでしょう・・・そんな部屋に住んでいます。積読ばんざい! 本屋に行くと嬉しくて腹痛になりやすい人です^^;

最新記事です。
コメントをありがとう♪
テーマ
QRコード
QRコード
月別アーカイヴ
BGM
リンク
本家ブログや、本に関するツールです。すべて私がユーザー(管理人)のものばかりです。
その他

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
おいでませ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。