スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーマ・ノンフィクション

調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940)調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940)
(2008/04/18)
野村 進

商品詳細を見る


 大それたことを!と笑われるのを承知で言うと、いつか介護福祉についての本を書いてみたい。自分が介護の世界に入ってみて初めてその奥深さを知った。もっとほかの人にも伝えたい。
 介護職には、利用者について守秘義務がある。だから本当の「介護」について、一般の人はなかなか知ることができない。書店にあるのは介護保険のしくみとか施設の評価本、介護の手順書が多い。
 もっと介護される人・する人について読みたいといつも思っているし、自分が発信者だったら、と考えることがある。書きたいのはバクロ本ではない。介護の現実を知ることができて、なおかつ介護の仕事に就いてみたいと思ってくれるような、そんな本。

 私の「大それたこと」は、つまりノンフィクションを書くことにつながる。単なる文章読本ではなくて、ライターはどんな準備をし、どうやって書き進めていくのか知りたかった。本書では、実際に世に出た記事を盛り込んであり、起伏のある読書ができたと思う。

 まぁ、野望(笑)に取り組むのはかなり先になるんだけれども、筆者の「テーマ・ノンフィクション」の件は今日からすぐ参考にできる内容だった。もう数年続けているブログ、それは私の日記であると同時に、テーマ・ノンフィクションの集合体でもあるのだから。

 これからも日々の仕事について、感じたことや考えをきちんと書きとめておこうと思う。

コメントの投稿

非公開コメント

私について

チェリ

Author:チェリ
最後まで読まない(読めなかった)本も多いですが、基本的に本があれば幸せです。いつか図書館に住んでみたい。地震が起きたら本の重圧で動けないでしょう・・・そんな部屋に住んでいます。積読ばんざい! 本屋に行くと嬉しくて腹痛になりやすい人です^^;

最新記事です。
コメントをありがとう♪
テーマ
QRコード
QRコード
月別アーカイヴ
BGM
リンク
本家ブログや、本に関するツールです。すべて私がユーザー(管理人)のものばかりです。
その他

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
おいでませ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。