FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年4月の読書まとめ

2010年4月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1211ページ

■「痴呆老人」は何を見ているか (新潮新書)
認知症のAさんと、私の世界認識は違う。過去世界は今のAさんにとって住みやすく、命を維持する環境なのだ。ご利用者の心理に対する理解が深まったと思う。
読了日:04月26日 著者:大井 玄
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5868659

■ホームヘルパー 働き方のルール (これだけは知っておきたい労働法)
労働法や通達を知るのは、自分を守るためである。特に移動時間や休日振替に伴う賃金の発生について、勉強になった。
読了日:04月26日 著者:
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5867716

■土星マンション 1 (IKKI COMICS)
宇宙飛行士・山崎さんが帰還したニュースを見て再読したくなった。
読了日:04月21日 著者:岩岡 ヒサエ
http://book.akahoshitakuya.com/cmt/5818265

■果しなき流れの果に (ハルキ文庫)
読了日:04月08日 著者:小松 左京
http://book.akahoshitakuya.com/b/489456369X

■海と毒薬 (新潮文庫)
読了日:04月03日 著者:遠藤 周作
http://book.akahoshitakuya.com/b/4101123020



小松左京の作品を期待して読み始めたけど、ちょっと私の手に負えなかった・・・難解だった。小松氏の思考がタイトルどおり「果てしな」く広がっていくのに私が追いつかないというか・・・。

遠藤周作はやっぱり面白い。文体も好き。文芸作品なのにどうしてあんなに色彩豊かなのだろうと感心する。彼の小説からは、においも温度も感じられる。



情報カード

大学時代から情報カードシステムで勉強しています。これを使うようになってから、いわゆるノートはほとんど買わなくなりました。情報カードは厚さのある紙なのでかさばりますが、一枚一枚立てて保管することができます。またジャンルを超えて差し替え自由です。たとえば日本語教育の勉強で使った「記憶」に関する項目を、介護福祉士受験のときに引っ張り出してくることが可能です。ノートだと切ったりコピーしたり?そんな手間も無駄もない。

↓この2冊を読んで情報カードにたどりつきました。

知的生産の技術 (岩波新書)知的生産の技術 (岩波新書)
(1969/07)
梅棹 忠夫

商品詳細を見る
発想法―創造性開発のために (中公新書 (136))発想法―創造性開発のために (中公新書 (136))
(1967/06)
川喜田 二郎

商品詳細を見る

どちらも書かれた時代が古く、ワープロはあったけどポメラなんてなかった(笑) でも、今読んでもそこから得られるものがあるというのは凄いと思います。たとえ情報カードを使う気がないとしても。

今日アマゾンで↑これらを検索していて「この商品を買った人はこんな商品も買っています」から読んでみたい本がいくつか見つかりました。メモとして、ここに挙げておきます。

続きを読む

私について

チェリ

Author:チェリ
最後まで読まない(読めなかった)本も多いですが、基本的に本があれば幸せです。いつか図書館に住んでみたい。地震が起きたら本の重圧で動けないでしょう・・・そんな部屋に住んでいます。積読ばんざい! 本屋に行くと嬉しくて腹痛になりやすい人です^^;

最新記事です。
コメントをありがとう♪
テーマ
QRコード
QRコード
月別アーカイヴ
BGM
リンク
本家ブログや、本に関するツールです。すべて私がユーザー(管理人)のものばかりです。
その他

FC2Blog Ranking

RSSリンクの表示
おいでませ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。